太りやすい体質は親から子に伝えられる」がもつ
第1の意味については、前回お話しました。では、今回は
第2番目の意味についてお話ししましょう。

2.太りやすい人でも体質を変えられる

日本人が遺伝的に不利にかかわらず
痩せていられるのは、食べ物に代表される
食習慣にあります。特に日本食です。

ザッと思いつくだけでも、欧米の食文化と
日本のそれは違うでしょう?

最近は、両国の食文化が似てきたとはいえ、
まだまだ差があります。

もしも両者の違いが分からないという場合は、
少し昔の日本人が食べていた典型的な食事内容を
思い浮かべてみればよいでしょう。

庶民の間で長く親しまれてきた日本食とは、
どんなもの? 

世界各地の食生活と比べると、日本食は
太りにくい内容なんですね。

そして、日本と欧米間でおきたことが、
今度は、痩せやすい家系の日本人親子と、太りやすい家系の
日本人親子の間でも起きているようです。

つまり遺伝子云々というよりは、
太りやすい体質を作り上げる食習慣を持たない血筋が
太りにくいのです。

ところで、体質を作り上げるのは、食だけでなく、
全く別のところにもあるのは事実で、それについては
ダイエット講座中で触れていますので、今は、
食生活の部分だけについてお話しています。

とにかく、太りやすい家系、痩せやすい家系、それぞれの
血筋の当のご本人達は、いったい
ご存知なのかどうか、分かりませんが、

子々孫々に、太る仕組み、やせるしくみが
何となく伝わっていくもののようなのですよ。

続きは

→ 痩せる体質になる仕組み


~○~○~○~○~○~○~○~○~○~○~○

体質的には不利で、食事的には有利に立つ日本人。

遺伝食事、どちらがより強力なのでしょうか。

長い間、「遺伝かな」と思っていたのですが、
今は違います。

西欧化してもなお、独特の食文化をもつ日本人に限っては
食事も遺伝に匹敵するくらいの強さがあると考えています。

もしあなたの食事が完全に西欧化しているとしたら
ちょっと問題があるかもしれません。

日本人に生まれたからには、伝統的な日本庶民の食事を
もう一度見直してみてもいいですね。