ダイエットそのものが太る原因となってしまうことを
前回お話しました。 その1つはダイエットによる
代謝の衰えです。そして今回さらに1つお話します。

女性にはぜひ注意していただきたい内容です。

食べないダイエットの実践により、栄養が減ると、
外見は当然痩せますが、
体の中の臓器や器官も、当然痩せていきます。

脳や子宮が縮み始めます。

そして、これらの働きが縮小すると、
女性ホルモンの分泌が減るのが原因で
生理がとまったりするのです。

女性ホルモンは痩せさせてくれるホルモン
ですから、これの停止は、いたい。

10代の頃は、女性ホルモンの停止がどの程度
体に悪影響を及ぼすか正確には分かりませんが、

成人過ぎれば、女性ホルモンの減少は
太りやすい体質作りに直接つながっていきます。

もうお分かりですよね。

ダイエットを繰り返すと、以上の理由から、
痩せても、体質は逆により太りやすい体質に
変わっていくのです。

見かけだけのダイエットなんですね。
これではダイエットは失敗です。

それでも食欲を我慢している間は
痩せていられます。でも、

我慢ができなくなれば、リバウンドし、
体質が太りやすく変わっているので、体重が
大きく増加してしまうのです。

そして、体重がリバウンドで増えても、
長い間かけて出来上がった低体温、冷え性、
無月経は、すぐには回復しません。

つまり、体重が増えても、その後、
代謝が低い状態、つまり太りやすい状態が
しばらく続くのです。

その間、今まで必死で我慢していた食欲が
開放されることもあり、食べる量も増え、
よけいに太ってしまうという仕組みです。

以上の話からでも、十分にお分かりいただけると
思いますが、ダイエットを一生懸命しても、
同時に太りやすい体質を作っているとしたら、

なんのことか分かりませんよね。

ところで、あなたはもうお気づきかもしれません。
実は、この効率の悪いダイエットの仕方に、
上手なダイエット方法のヒントが隠されています。

→ 太る体質を絶対に作らない!